ワンオラクル占いの占い方 楽しいタロット占い


Tag タロット ワンオラクル 彼の気持ち 恋愛 ソード ワンド ペンタクル コイン 硬貨 当たる カップ 大アルカナ
Category タロットに関する記事
最終更新日 -

タロット占いのワンオラクルでの質問の仕方


この記事は、ワンオラクル占いをしている方、占いファンの方に贈る正しいワンオラクル占いの占い方を解説したいと思います。
ワンオラクル占いはただ単に質問をすれば良いと言うだけのものではなく、予めどのような答えを求めるか?どのような形式で答えが欲しいかと言う事を頭の中で決める必要があります。
ワンオラクルとは、1枚のカードに質問の全ての答えを求める占いです。

基本的な質問の仕方としては、なるべく『あやふやな質問を避ける』と言うのが正解ではないでしょうか。
カードの基本的なリーディング方法を理解していれば、質問の仕方もおのずと見えてくるはずです。

ワンオラクルの答えは必ず1つと言う事はありませんし、YesNoの極論で言えば答えはあるかも知れませんがカードによってはYesNoで表せないカードも存在しています。
YesNoで表せない微妙なカードもある事からある程度リーディングはできた方がワンオラクルタロットを楽しむ事が出来るでしょう

微妙なカードが出ても、理解できるような質問の仕方を覚える事で、ワンオラクルカードの答えを受け取りが容易になります。

ワンオラクルリーディングの例


タロットカードには、数字やカードの名前しか書いておらず、文章での答えと言うものはありません。
それだけにカードの絵柄が非常に重要になってきますから、数千種類もあると言われているタロットカードの中でも一番基本となるベーシックなタロットカードが、当サイトで採用している『ウェイト版ライダータロット』となります。

タロットカードが絵柄が非常に重要な要素を占めており、絵柄答えの全てと言っても過言ではありません。

答えの全てがカードの絵柄に詰まっていますから、ワンオラクルで1枚カードを引いたが答えがわからない、もやっとしてしまったと言う経験がある方も多いと思います。
そんな時こそ、出たカードの絵柄をよく見つめて下さい。

例えば、Fool(愚者)のカードが出たとしましょう。
質問は彼の気持ちを知りたくて占った場合。
大よそ、他のタロット占いのサイトでは、遊びの恋、と記されている事と思います。
そもそもFoolのカードのキーワードは遊びの恋、新たなスタートと言う象徴のカードだからです。

では、なぜ遊びの恋なのでしょうか?答えは絵柄の中にあります。
Foolのカードは、崖の上に立ち、小さな荷物を1つだけ持って足元には犬がワンワンと吠えているような状況で、更に左手にはタンポポの様な黄色い花を持っています。
崖の上に居ると言うのは危険や危機を表しており、非常に危ない状態であると言うメッセージがあります。
加えて、崖の上に居るのに、人物の顔は上を向いており自分が危機的状況に居る事を把握していない(足元を見ていない)事から、地に足がついていない状況としてメッセージを受ける事が出来ます。
タンポポの様な黄色い花は現在の気分を表し、浮かれている状況を指しています、足元では犬が「危ないよ」と警告しているにも関わらず耳を貸していません。

ワンオラクルへの質問は『彼の気持ち』として質問をして、占っていますから、彼の状況がまさにFoolな状態を表していますから、これを質問に当てはめると
『彼はあなたの本質を見ていない、目的は他にある、軽率な状態からの(恋愛)スタート』を意味していると読むことが出来ますから、彼の気持ちはあなたの事を見ていないが、あなたに興味がある、あなたと仲良くなる事で自分に利益がある、むしろ彼は自分の利益だけを考えた状態であなたと仲良くなろうとしている様子としてリーディングするのが妥当でしょう。

正位置と逆位置の法則


ライダーウェイト版のタロットカードのリーディングでは、カードの正逆を読むのが一般的です。
トート版やマルセイユ版のタロットでは逆位置を読まない読み方もありますがライダーウェイト版では正位置と逆位置をそれぞれ別の解釈で読むことが出来ます。
余談になりますが、トート版やマルセイユ版の正位置逆位置を読まないカードは上下を逆にしても、同じ図柄になるように描かれています。

話をライダーウェイト版のタロットに戻しますが、全てのカードで逆位置になると意味が反対になるものではありません。
その代表的なカードで言えば、『塔』のカードが挙げられると思います。
塔のカード正位置に意味は混乱ですが、逆位置になってもリーディングは混乱と言うキーワードになります。
逆位置の場合は、小さな混乱、または些細な混乱として読むのがセオリーです。

恋愛の状況に例えると、正位置だと『彼の気持ちがわからない』と言うような解釈をした場合、逆位置では『彼ってちょっと変な人だよね』程度の違いがあります。
相談内容によっても解釈の仕方を変化させて行くのがタロット占いではありますが、別の読み方を正位置ですると『彼に別れ話をされてショック』、逆位置の場合は『彼の態度がそっけない』と言う不安を表すだけの読み方で解釈する場合もあります。

その他、逆位置になって意味が逆になるだけのカードばかりではないと言う事を覚えていると、ワンオラクルのリーディングがスムーズになるでしょう。

ワンオラクルで状況を占う


ワンオラクル占いで状況を占う場合は、まずは時期を避ける事です。
例えばいつまで苦しい状況が続きますか?と言うような質問だとワンオラクルカードで占ったとしても、もやっとする答えしか返ってこないでしょう。
これは質問の中に『いつ?』と言う時期を問う質問が含まれているからです。

元彼は今彼といつまで続きますか?

こう言う質問もワンオラクル占いではNGとなります。
厳密にはNGではありませんが、答えが出せない質問になりますので、違った質問の仕方を考えるべきです。

年内に元彼は今の彼女と別れていますか?
と言うような質問であればYesNoで答えを見る事も出来ますし、すっきりした答えが返ってきますから読みやすいでしょう。

またたは、来年1月中に彼と復縁できますか?と言う質問でもOKです。

ワンオラクルで恋愛を占う


ワンオラクル占いだけではなく、占いの90%以上が恋愛の相談が殆どです。
恋愛をワンオラクルで占う場合は、概ね既にみなさんが行っている質問方法で問題ありませんが、たまにこれはちょっと微妙だな?と言う質問があるように思います。
それは『もし、別れ話をしたら彼はどう思う?』と言った質問です。
もし、こうしたらどうなる?と言う先読み的な占いは、私の経験上から見ても、もやっとするカードが出てきます。
出来ればワンオラクル占いでは、実行した後、彼がどう思っているか?と言う事について質問した方が具体的なカードが出るように思います。

例えば、『彼とケンカしたけど、今の彼の気持ち』と言う風に質問すると、それに見合ったカードが出ているように思います。